素材紹介

Material

白板紙

白板紙

印刷適性に優れる
パッケージでは一般的な素材

白板紙は、板紙の一種で表層に白色の紙料を用いた板紙です。大きくは、コートボール(白ボール)とマニラボールに分類されます。コートボールは白板紙の中でも生産量が多く、片面が白く裏がネズミ色の板紙。紙ケースやパッケージで多く使われ平滑性を持つ表面は印刷に向いています。マニラボールは両面とも白く、中層はパルプまたは古紙などから抄合されており、厚手の印刷物にお勧めです。マニラは強度を出すために丈夫な繊維を持つマニラ麻を使用したことに由来しています。

蒸着紙

蒸着紙

装飾効果の大きい
高級パッケージ向け素材

蒸着紙は、ベースの紙の表面にアルミホイルやアルミ蒸着PET、フォログラムフィルム、アルミ蒸着転写加工を施したものです。金属箔のような平滑性、光沢といった外見を持ちながら、紙の特性をもっています。そのため、化粧品や高級パッケージ、CDジャケット、ブックカバーなど装飾効果を高める用途で使用されています。その表面上特性から紙面へのインキの浸透がほとんどないため、速乾性インキやUVインキを使用します。印刷難易度の高い紙です。

クリアケース

クリアケース

アイキャッチが良い、
店販用途にお勧めの透明素材

クリアケースは、紙の代わりに透明な樹脂のシートを使い箱にしたものです。素材にはPETやPP、PVCがあり、オフセットはもちろん箔押、シルク、グラビア印刷、特殊印刷も可能です。箱を開けることなく内容物を確認でき、安心感を与えます。そのため、化粧品や食品、文房具などで多く使われています。 また、同じ理由でアイキャッチが良いので、店販用途でお勧めの素材です。

段ボール

段ボール

包装資材にも使われる
クッション性の高い強靭な素材

段ボール(ダンボール)は、「表ライナー」と呼ばれる紙と、「裏ライナー」と呼ばれる紙で波状になっている「中芯(フルート)」を挟む構造になっています。梱包箱で使われるようにクッション性が高く、陶器やガラス製雑貨、家電など壊れやすいもののパッケージで活躍しています。
中心(フルート)の高さ、組み合わせによって強度、使用用途が変わっていきます。

上記以外の素材も対応可能です。
こちら より
お気軽にご相談ください。